福島県 農林水産部 畜産課

おいしい福島牛を
つくる取り組み

酒おいしさが伝わる商品づくりで、
生産者と食卓をつなぐ。

株式会社いちい 商品本部 商品部精肉バイヤー 兼 さくら店 課長 三浦 健一さん
株式会社いちい 商品本部 商品部精肉バイヤー 渡辺 悟道さん

「食」を通じて、生活者に心の豊かさを提供するスーパーマーケット。

いちいは、福島市を中心に展開する地域密着型のスーパーマーケット。毎日食材を求め多くのお客様が店舗を訪れています。近年はロシナンテという精肉の販売に注力した店舗も運営し、鮮度のよい、より安全な「食」の提供を通じて人々の心に豊かさを届け続けています。昨年度は4店舗で酒粕を食べた福島牛を販売し大好評だったことから、今年度もキャンペーンに参加しています。「あまみがあっておいしいお肉ですね。くどさがなくまろやかで、どなたでも食べやすいと思います」と語るのは主に店舗での販売戦略を担当する渡辺悟道精肉バイヤー。また、中央の拠点施設で切り出し等の商品化を担当する三浦健一精肉バイヤーも「色合いがよく切り出しやすい。いい肉は見た目からも分かります」と品質の高さを後押しします。

旬が明確でないお肉の中で、酒粕を与えたこだわりがアピールに。

「一言で福島牛と言っても、地域によって味が異なります。その中で、酒粕を与えたというこだわりを打ち出せる、価値が伝わりやすい商品です」と語るのは渡辺さん。お肉は、他の生鮮食品と比べて気候の変化の影響が少なく、一年を通じて食材を提供できる一方、野菜や魚のように食材の旬が明確でないと言えます。そこで大切になるのが、新しい発見になるような提案です。冬は鍋、夏は冷しゃぶ等の季節感のあるメニュー提案はもちろん、酒粕を食べた福島牛は、肉そのものにストーリーやこだわりがあることがお客様へのアピールポイントになるそうです。また、野菜や魚は仕入れたそのままの状態で販売できる食材が多い一方、お肉は売場に並ぶ前の下処理によっておいしさや商品価値が大きく変わってきます。「お客様がいちばんおいしく食べられるように切り出し、そのおいしさが見えるように商品化することを心かけています」と三浦さんは語ります。

地産地消を通じて、地元の生産者を守り、食卓においしさを届け続ける。

さらに、いちいとして力を入れているのが地産地消です。県内の食材を地元の方に食べてもらうことで、地元の生産者を守り、育てることになると考えています。渡辺さんは「酒粕を食べた福島牛をより多くの方に味わってほしいです。おいしい状態で、ロスなく食べていただけることは、生産者のためにもなります」と語ります。一方、酒粕を食べた福島牛をより多くの生活者に食べてもらうためには、次のステップが必要との思いもあるそうです。「ブランドとして育てるためには、まず食べておいしさを実感してもらうこと。その上で、一過性ではなく、継続的に食べていただくことが大切です。そのためには、品質を科学的な根拠に基づいて打ち出せるといいですね。」生産者と食卓をつなぐ立場として、消費者のニーズと常に向き合い、地元の生産者を支え続けるいちい。この機会にぜひ店舗を訪れ、プロの技術と想いがつまった酒粕を食べた福島牛を、ご自身の舌で味わってみてほしいと感じました。

戻る

Go TOTOP

Go TO TOP