福島県 農林水産部 畜産課

お知らせ

【取り組み紹介】株式会社いちい

いちいは、福島市を中心に展開する地域密着型のスーパーマーケット。毎日食材を求め多くのお客様が店舗を訪れています。

 

近年はロシナンテという精肉の販売に注力した店舗も運営し、鮮度のよい、より安全な「食」の提供を通じて人々の心に豊かさを届け続けています。昨年度は4店舗で酒粕を食べた福島牛を販売し大好評だったことから、今年度もキャンペーンに参加しています。

 

「あまみがあっておいしいお肉ですね。くどさがなくまろやかで、どなたでも食べやすいと思います」と語るのは主に店舗での販売戦略を担当する渡辺悟道精肉バイヤー。また、中央の拠点施設で切り出し等の商品化を担当する三浦健一精肉バイヤーも「色合いがよく切り出しやすい。いい肉は見た目からも分かります」と品質の高さを後押しします。

 

「一言で福島牛と言っても、地域によって味が異なります。その中で、酒粕を与えたというこだわりを打ち出せる、価値が伝わりやすい商品です」と語るのは渡辺さん。

 

お肉は、他の生鮮食品と比べて気候の変化の影響が少なく、一年を通じて食材を提供できる一方、野菜や魚のように食材の旬が明確でないと言えます。そこで大切になるのが、新しい発見になるような提案です。

 

続きはこちらhttps://sakekasu-beef.com/persons5

 

渡邊バイヤー(写真左)と三浦バイヤー(写真右)

戻る

Go TOTOP

Go TO TOP